Rockfall run-out distances depending on volume in large-scale experiments(大規模な落石実験における岩の運動距離と供試体体積の関係)

Rockfall run-out distances depending on volume in large-scale experiments(大規模な落石実験における岩の運動距離と供試体体積の関係)

年度2008
業績番号2008233174
研究機関名森林総合研究所
タイトルRockfall run-out distances depending on volume in large-scale experiments(大規模な落石実験における岩の運動距離と供試体体積の関係)
著者森林総合研究所,水土保全研究領域,Yasuhiko OKADA
森林総合研究所,水土保全研究領域,Ippei UCHIDA
森林総合研究所,水土保全研究領域,Hirotaka OCHIAI
業績種別発表論文
発表誌Proceedings of the International Conference on Management of Landslide Hazard in the Asia-Pacific Region, 1:489-495
課題(1)b 水土保全機能の評価及び災害予測・被害軽減技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020069400
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat