オランダの施設トマト品種の多収化の要因は光利用効率向上である

オランダの施設トマト品種の多収化の要因は光利用効率向上である

年度2009
業績番号2009102591
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2007-2009
協力分担関係ワーゲニンゲン大
成果名オランダの施設トマト品種の多収化の要因は光利用効率向上である
関連する資料研究
業績種別普及に移しうる成果
課題(1)a.トマトを中心とした高収益施設生産のための多収、低コスト及び省力化技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020069572
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat