熊本種における飼料形状の違いが行動と生産性におよぼす影響

熊本種における飼料形状の違いが行動と生産性におよぼす影響

年度2009
業績番号2009620053
研究機関名農業生物資源研究所
タイトル熊本種における飼料形状の違いが行動と生産性におよぼす影響
担当者農業生物資源研究所,萩原慎太郎
三浦梨沙
岡本智伸
矢用健一
吉崎竜一
伊藤秀一
講演要旨集タイトル日本家畜管理学会・応用動物行動学会 2010年度春期研究発表会
講演要旨集記載ページ53-53
発刊年月2010
業績種別学会講演
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020070160
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat