Chemiluminescence approach for non-destructive evaluation of early wood decay in high sensitivity(木材初期腐朽の高感度診断する為の化学発光法の検討)

Chemiluminescence approach for non-destructive evaluation of early wood decay in high sensitivity(木材初期腐朽の高感度診断する為の化学発光法の検討)

年度2009
業績番号2009705975
研究機関名森林総合研究所
標題Chemiluminescence approach for non-destructive evaluation of early wood decay in high sensitivity(木材初期腐朽の高感度診断する為の化学発光法の検討)
担当者森林総合研究所,木材改質研究領域,木材保存研究室,Nishimura Takeshi(西村健)
Kato Hideo(加藤英雄)
Shirai Nobuaki(白井伸明, 滋賀工技センター)
Watanabe Takashi(渡辺隆司, 京大)
自由記載Biotechnology of Lignocellulose Degradation and Biomass Utilization、Edited by Sakka et al.、83-88
業績種別その他
課題(1)d 安全で快適な住環境の創出に向けた木質資源利用技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020071212
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat