An arginyl residue in rice UDP-arabinopyranose mutase is required for catalytic activity and autoglycosylation

An arginyl residue in rice UDP-arabinopyranose mutase is required for catalytic activity and autoglycosylation

年度2009
業績番号2009237769
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
タイトルAn arginyl residue in rice UDP-arabinopyranose mutase is required for catalytic activity and autoglycosylation
著者(独)森林総合研究所,Tomoyuki Konishi
業績種別発表論文
発表誌Carbohydrate Research,345(6),787-791,2010.4
課題(1)e.バイオテクノロジーを利用した新食品素材の生産技術の開発及び生物機能の解明・利用
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020073502
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat