Relative importance of within-habitant environment, land use and spatial autocorrelations for determinating odonate assemblages in rural reservoir ponds in Japan

Relative importance of within-habitant environment, land use and spatial autocorrelations for determinating odonate assemblages in rural reservoir ponds in Japan

年度2009
業績番号2009238625
研究機関名農業環境技術研究所
タイトルRelative importance of within-habitant environment, land use and spatial autocorrelations for determinating odonate assemblages in rural reservoir ponds in Japan
著者農業環境技術研究所,生物多様性研究領域,Kenji Hamasaki
農業環境技術研究所,生物多様性研究領域,Takehiko Yamanaka
農業環境技術研究所,生物多様性研究領域,Koichi Tanaka
農業環境技術研究所,農業環境インベントリーセンター,Yukinobu Nakatani
農業環境技術研究所,生態系計測研究領域,Nobusuke Iwasaki
農業環境技術研究所,生態系計測研究領域,David S. Sprague
業績種別発表論文
発表誌ECOLOGICAL RESEARCH,24(3),597-605
課題(1)(1) 農業生態系を構成する生物群集の動態と生物多様性の解明
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020074358
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat