ダイズモザイクウイルスの外被タンパク質遺伝子を導入した形質転換ダイズ後代(T3及びT4)の抵抗性について 

ダイズモザイクウイルスの外被タンパク質遺伝子を導入した形質転換ダイズ後代(T3及びT4)の抵抗性について 

年度2003
研究機関名京都府農業資源研究センター
発表業績ダイズモザイクウイルスの外被タンパク質遺伝子を導入した形質転換ダイズ後代(T3及びT4)の抵抗性について 
発表(発明)者所属応用研究部
発表(発明)者氏名静川幸明、古谷規行、小坂能尚、日高操 
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号日本育種学会第105回講演会,2004.3
専門育種
業績種別発表業績
発表誌日本育種学会第105回講演会,2004.3
課題(1)ウイルス病抵抗性付与遺伝子を導入した大豆の作出と抵抗性検定
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020078197
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat