自動搾乳システムにおける搾乳回数の違いが泌乳前期牛の飼料摂取量および乳性産に及ぼす影響

自動搾乳システムにおける搾乳回数の違いが泌乳前期牛の飼料摂取量および乳性産に及ぼす影響

年度2005
研究機関名北海道立根釧農業試験場
発表業績自動搾乳システムにおける搾乳回数の違いが泌乳前期牛の飼料摂取量および乳性産に及ぼす影響
発表(発明)者所属根釧農試乳牛飼養科
発表(発明)者氏名田澤直樹、大坂郁夫
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号日本畜産学会第106回大会 講演要旨.p.23,2006.3
専門飼養管理
業績種別発表業績
発表誌日本畜産学会第106回大会 講演要旨.p.23,2006.3
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020090299
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat