抑制キュウリにおける栽培方法の違いが生育と収量に及ぼす影響

抑制キュウリにおける栽培方法の違いが生育と収量に及ぼす影響

年度2005
研究機関名新潟県農業総合研究所園芸研究センター
発表業績抑制キュウリにおける栽培方法の違いが生育と収量に及ぼす影響
発表(発明)者所属園芸研究センター
発表(発明)者氏名種村竜太、倉島裕、大山卓爾
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号園芸学会平成17年度秋季大会研究発表.2005.10.1-2,(園芸学会雑誌 第74-2巻)
専門栽培
業績種別発表業績
発表誌園芸学会平成17年度秋季大会研究発表.2005.10.1-2,(園芸学会雑誌 第74-2巻)
課題(1)園芸作物の栄養生理と施肥の合理化
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020092954
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat