新鮮な農産物を提供する段階から加工・調理し、地域の味として提供する段階へ−「地産地消」の今日的意義と今後の方向

新鮮な農産物を提供する段階から加工・調理し、地域の味として提供する段階へ−「地産地消」の今日的意義と今後の方向

年度2005
研究機関名大阪府立食とみどりの総合技術センター
発表業績新鮮な農産物を提供する段階から加工・調理し、地域の味として提供する段階へ−「地産地消」の今日的意義と今後の方向
発表(発明)者所属都市農業部
発表(発明)者氏名内藤重之
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号21世紀の日本を考える.30,22-28,2005.8
専門経済
業績種別発表業績
発表誌21世紀の日本を考える.30,22-28,2005.8
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020094652
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat