高温セット法で乾燥したカラマツ材の衝撃曲げ破壊性状のフラクタル次元

高温セット法で乾燥したカラマツ材の衝撃曲げ破壊性状のフラクタル次元

年度2006
研究機関名長野県林業総合センター
発表業績高温セット法で乾燥したカラマツ材の衝撃曲げ破壊性状のフラクタル次元
発表(発明)者所属長野県林業総合センター
発表(発明)者氏名武田孝志、松野祥子、吉野安里 ほか
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号第56回日本木材学会大会研究発表要旨集.p.35
業績種別発表業績
発表誌第56回日本木材学会大会研究発表要旨集.p.35
課題(1)公的認証取得を可能とする高信頼性接着重ね梁の実用化試験
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020100566
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat