過密ヒノキ人工林における幹折れ危険度判定のための樹冠形状のモデル化

過密ヒノキ人工林における幹折れ危険度判定のための樹冠形状のモデル化

年度2006
研究機関名三重県科学技術振興センター林業研究部
発表業績過密ヒノキ人工林における幹折れ危険度判定のための樹冠形状のモデル化
発表(発明)者所属林業研究部
発表(発明)者氏名野々田稔郎、島田博匡ら
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号第55回日本森林学会中部支部大会 研究発表講演要旨集.30,2006.10
業績種別発表業績
発表誌第55回日本森林学会中部支部大会 研究発表講演要旨集.30,2006.10
課題(1)強度間伐による人工林の針葉樹・広葉樹混交林化技術に関する研究
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020101262
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat