麦赤かび病の感染時期の違いによる収量、DON産生量への影響およびそれらの品種間差について

麦赤かび病の感染時期の違いによる収量、DON産生量への影響およびそれらの品種間差について

年度2006
研究機関名滋賀県農業技術振興センター
発表業績麦赤かび病の感染時期の違いによる収量、DON産生量への影響およびそれらの品種間差について
発表(発明)者所属環境研究部
発表(発明)者氏名金子誠、北澤健
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号平成18年度近畿中国四国農業試験研究推進会議・生産環境推進部会問題別研究会「高度管理手法による作物病害虫制御技術」資料(要旨集),p.4,2007
業績種別発表業績
発表誌平成18年度近畿中国四国農業試験研究推進会議・生産環境推進部会問題別研究会「高度管理手法による作物病害虫制御技術」資料(要旨集),p.4,2007
課題(1)農薬安全使用技術・減農薬栽培技術の確立 (2)良質麦大豆生産のための防除法の確立
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020101399
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat