メドウフェスク主体草地での放牧管理が利用草量に及ぼす影響

メドウフェスク主体草地での放牧管理が利用草量に及ぼす影響

年度2007
研究機関名北海道立根釧農業試験場
発表業績メドウフェスク主体草地での放牧管理が利用草量に及ぼす影響
発表(発明)者所属根釧飼養・環境・作物、北農研センター
発表(発明)者氏名西道由紀子、三枝俊哉、牧野 司、松村哲夫、須藤賢司
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号日本草地学会第64回発表会 日本草地学会誌 第54巻 別号 p342-343(2008.3)
業績種別発表業績
発表誌日本草地学会第64回発表会 日本草地学会誌 第54巻 別号 p342-343(2008.3)
課題(1)寒地中規模酪農における集約放牧技術の確立、1)メドウフェスクとチモシーの組合せ利用による放牧草地利用技術の開発、2)放牧牛乳の機能性乳成分向上技術の開発、3)根釧型集約放牧システムの体系化と営農モデルの策定、4)根釧型集約放牧技術の経営評価と地域への波及効果の解明
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020104367
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat