航空機リモートセンシングによる津軽中央地域における玄米タンパク含有率の推定[2]

航空機リモートセンシングによる津軽中央地域における玄米タンパク含有率の推定[2]

年度2007
研究機関名青森県農林総合研究センター
発表業績航空機リモートセンシングによる津軽中央地域における玄米タンパク含有率の推定[2]
発表(発明)者所属環境保全部
発表(発明)者氏名境谷栄二・井上吉雄・藤田道成
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号日本作物学会紀事.第77巻別1号,178-179,H20.3
業績種別発表業績
発表誌日本作物学会紀事.第77巻別1号,178-179,H20.3
課題(1)21 リモートセンシング技術を活用した水稲の生育診断、 1) 航空機リモートセンシングによる生育診断、 (1)航空機リモートセンシングによる追肥時期の生育推定
(2) (2)航空機リモートセンシングによる玄米タンパク含有率の推定
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020104990
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat