すぐに役立つハウス栽培新技術、−高収益性と環境保全を目指して−

すぐに役立つハウス栽培新技術、−高収益性と環境保全を目指して−

年度2007
研究機関名青森県農林総合研究センターフラワーセンター22あおもり
発表業績すぐに役立つハウス栽培新技術、−高収益性と環境保全を目指して−
発表(発明)者所属フラワーセンター21あおもり 栽培開発部
発表(発明)者氏名佐々木和也
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号昼夜温度差および短時間変温を利用した鉢物花き生産技術、社団法人農業電化協会 p.221-228 2008
業績種別発表業績
発表誌昼夜温度差および短時間変温を利用した鉢物花き生産技術、社団法人農業電化協会 p.221-228 2008
課題(1)、3 DIFを利用した花き鉢物生産技術の確立、1)DIFによるわい化方法の検討、  (1)温室における早朝降温処理が花壇苗のわい化に及ぼす影響、、、、、、 、、 
(2)、、  (2)早朝降温の処理方法の改良、、、、、、 、、 
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020105029
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat