岩手県大槌湾における標識放流に基づくヒラメ種苗放流効果の検証試験

岩手県大槌湾における標識放流に基づくヒラメ種苗放流効果の検証試験

年度2007
研究機関名岩手県水産技術センター
発表業績岩手県大槌湾における標識放流に基づくヒラメ種苗放流効果の検証試験
発表(発明)者所属漁業資源部
発表(発明)者氏名後藤友明・砂田一史・阿部孝弘・清水勇一
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号目的:マツカワ養殖の低コスト高品質化のため養殖技術上の各種課題解決を図る。、計画:養殖管理の効率化の検討、早期種苗を用いた養殖期間の短縮、高水温耐性の検討、期待される成果:低コスト安定生産の技術普及による養殖経営の安定、得られた成果:(1)海面生け簀では日の出から日の入りまでの間に給餌すること、(2)0歳魚と2歳魚の高水温耐性を確認した、(3)早期種苗により養殖期間の短縮、(4)高水温期の飼育条件(20kg/m2未満)、(5)緑、青色光飼育の成長が良い。、成果対象:養殖生産者、種苗生産事業者、
業績種別発表業績
発表誌目的:マツカワ養殖の低コスト高品質化のため養殖技術上の各種課題解決を図る。、計画:養殖管理の効率化の検討、早期種苗を用いた養殖期間の短縮、高水温耐性の検討、期待される成果:低コスト安定生産の技術普及による養殖経営の安定、得られた成果:(1)海面生け簀では日の出から日の入りまでの間に給餌すること、(2)0歳魚と2歳魚の高水温耐性を確認した、(3)早期種苗により養殖期間の短縮、(4)高水温期の飼育条件(20kg/m2未満)、(5)緑、青色光飼育の成長が良い。、成果対象:養殖生産者、種苗生産事業者、
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020105294
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat