宮城県の飼料用稲栽培後作における漏生個体の防除 第1報ホシアオバの収穫時における落下籾量と漏生特性

宮城県の飼料用稲栽培後作における漏生個体の防除 第1報ホシアオバの収穫時における落下籾量と漏生特性

年度2007
研究機関名宮城県古川農業試験場
発表業績宮城県の飼料用稲栽培後作における漏生個体の防除 第1報ホシアオバの収穫時における落下籾量と漏生特性
発表(発明)者所属水田利用部
発表(発明)者氏名辻本淳一・大川茂範
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号2008.3、日本作物学会紀事 第77巻別号1:p.50-51
業績種別発表業績
発表誌2008.3、日本作物学会紀事 第77巻別号1:p.50-51
課題(1)東北中部水田地帯における受託組織による飼料用稲生産・給与技術の実証と耕畜連携システムの確立
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020105367
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat