極低ポリフェノール大麦「関東二条41号」の製麦品質および農業特性

極低ポリフェノール大麦「関東二条41号」の製麦品質および農業特性

年度2007
研究機関名栃木県農業試験場
発表業績極低ポリフェノール大麦「関東二条41号」の製麦品質および農業特性
発表(発明)者所属栃木分場
発表(発明)者氏名渡邉浩久
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号日本作物学会紀事、77(別1)、p162-163、2008
業績種別発表業績
発表誌日本作物学会紀事、77(別1)、p162-163、2008
課題(1)2)麦・大豆の新品種の育成と選定 (1)ビール麦の良質多収品種の育成 ア.温暖地向け縞萎縮病抵抗性、凍霜害抵抗性ビール醸造用高品質品種の育成
(2)イ.ビール醸造用極高品質中間母体の育成
(3)(4)ビール麦の簡易かつ迅速な品質評価技術の開発 ア.ビール醸造用品質の検定、評価法の開発
(4)(5)新形質付与等による市場価値の高いビール麦の開発 ア.極低ポリフェノール大麦を利用した機能性食材の新規用途開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020106123
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat