TYLCVを媒介するタバココナジラミの特徴と国内及び県内における発生状況

TYLCVを媒介するタバココナジラミの特徴と国内及び県内における発生状況

年度2007
研究機関名千葉県農業総合研究センター
発表業績TYLCVを媒介するタバココナジラミの特徴と国内及び県内における発生状況
発表(発明)者所属応用昆虫
発表(発明)者氏名大井田寛
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号 品質が低下しやすい高温期においても糖度が7以上で食味が良く、日持ち性が高く、機能性成分(ビタミンC含量30mg/100gFW、リコペン含量5mg/100gFW以上)が多く、収量性があり、TMV、萎凋病、半身萎凋病、ネコブセンチュウ等に複合抵抗性を持ち、「千葉ブランド」として有利販売できるトマト品種を育成する。これまで選抜してきた育種素材を中心にして交配育種を進めるとともに、既存のDNAマーカーを活用し、効率的な選抜を行う。
業績種別発表業績
発表誌 品質が低下しやすい高温期においても糖度が7以上で食味が良く、日持ち性が高く、機能性成分(ビタミンC含量30mg/100gFW、リコペン含量5mg/100gFW以上)が多く、収量性があり、TMV、萎凋病、半身萎凋病、ネコブセンチュウ等に複合抵抗性を持ち、「千葉ブランド」として有利販売できるトマト品種を育成する。これまで選抜してきた育種素材を中心にして交配育種を進めるとともに、既存のDNAマーカーを活用し、効率的な選抜を行う。
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020106458
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat