過剰排卵処置後に投与した性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)製剤の違いが採胚成績に及ぼす影響

過剰排卵処置後に投与した性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)製剤の違いが採胚成績に及ぼす影響

年度2007
研究機関名滋賀県畜産技術振興センター
発表業績過剰排卵処置後に投与した性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)製剤の違いが採胚成績に及ぼす影響
発表(発明)者所属畜産技術振興センター
発表(発明)者氏名荒木勇介
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号第13回滋賀県獣医学会講演要旨.P23、2008.2.24
業績種別発表業績
発表誌第13回滋賀県獣医学会講演要旨.P23、2008.2.24
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020108587
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat