乳酸菌Pediococcus pentosaceus KMC05株はアブラナ科植物炭疽病を抑制しシロイヌナズナにおける防御応答関連遺伝子の発現を誘導する

乳酸菌Pediococcus pentosaceus KMC05株はアブラナ科植物炭疽病を抑制しシロイヌナズナにおける防御応答関連遺伝子の発現を誘導する

年度2007
研究機関名京都府農業資源研究センター
発表業績乳酸菌Pediococcus pentosaceus KMC05株はアブラナ科植物炭疽病を抑制しシロイヌナズナにおける防御応答関連遺伝子の発現を誘導する
発表(発明)者所属応用研究部
発表(発明)者氏名井上裕貴、高橋智子、辻 元人、梅村賢司、坂本和幸、三冨正明、小坂能尚、津田和久、久保康之
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号第42回植物感染生理談話会(2007.8)
業績種別発表業績
発表誌第42回植物感染生理談話会(2007.8)
課題(1)乳酸菌を用いた高付加価値野菜の安定生産技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020108620
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat