近年育成あるいは海外から導入されたビワ品種におけるビワがんしゅ病抵抗性

近年育成あるいは海外から導入されたビワ品種におけるビワがんしゅ病抵抗性

年度2007
研究機関名長崎県果樹試験場
発表業績近年育成あるいは海外から導入されたビワ品種におけるビワがんしゅ病抵抗性
発表(発明)者所属育種科
発表(発明)者氏名稗圃直史・福田伸二・寺井理治
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号園芸学会九州支部研究集録,第15号,59,2007.8
業績種別発表業績
発表誌園芸学会九州支部研究集録,第15号,59,2007.8
課題(1)海外導入遺伝資源を利用したビワがんしゅ病複合抵抗性育種素材の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020110500
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat