パプリカの内容成分の品種間差位と果実成熟過程における変化

パプリカの内容成分の品種間差位と果実成熟過程における変化

年度2007
研究機関名鹿児島県農業開発総合センター
発表業績パプリカの内容成分の品種間差位と果実成熟過程における変化
発表(発明)者所属大隅支場、加工センター
発表(発明)者氏名福元伸一、池田健一郎、東郷弘之
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号第70回九州農業研究発表会専門部会要旨集,179,2007年8月(園芸学会九州支部研究集録第15号.26)
業績種別発表業績
発表誌第70回九州農業研究発表会専門部会要旨集,179,2007年8月(園芸学会九州支部研究集録第15号.26)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020110881
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat