アミロースが適度に低い水稲新品種系統「上育453号」.

アミロースが適度に低い水稲新品種系統「上育453号」.

年度2008
研究機関名北海道立上川農業試験場
発表業績アミロースが適度に低い水稲新品種系統「上育453号」.
発表(発明)者所属研究部水稲科
発表(発明)者氏名佐藤 毅・沼尾吉則・吉村徹・尾崎洋人・木下雅文・品田博史・粕谷雅志・木内均・前川利彦・平山裕治・佐々木忠雄・相川宗嚴・菊地治己・丹野 久・田中一生
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号平成19年度「新しい研究成果−北海道地域−」.4-8(2008)
業績種別発表業績
発表誌平成19年度「新しい研究成果−北海道地域−」.4-8(2008)
課題(1)寒地中北部向け、早生、高度耐冷性、良食味及び直播栽培適性の水稲品種の開発
(2)高度安定性高品質の早期総合開発
(3)極良食味米の開発促進
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020111340
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat