灌水と窒素追肥のタイミングがメタンおよび亜酸化窒素放出に及ぼす影響 乾湿繰り返し潅漑条件下の節水熱帯水田条件における検討

灌水と窒素追肥のタイミングがメタンおよび亜酸化窒素放出に及ぼす影響 乾湿繰り返し潅漑条件下の節水熱帯水田条件における検討

年度2008
研究機関名新潟県農業総合研究所
発表業績灌水と窒素追肥のタイミングがメタンおよび亜酸化窒素放出に及ぼす影響 乾湿繰り返し潅漑条件下の節水熱帯水田条件における検討
発表(発明)者所属新潟農総研
発表(発明)者氏名古川勇一郎
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号日本土壌肥料学会2008年度愛知大会講演要旨集 p193 平20.9.9〜11
業績種別発表業績
発表誌日本土壌肥料学会2008年度愛知大会講演要旨集 p193 平20.9.9〜11
課題(1)メタン発生量削減のための水管理技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020113838
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat