将来のために鶏用飼料はどうあるべきか?(4)、・新たな飼料原料の可能性と緻密な飼料設計の追求を

将来のために鶏用飼料はどうあるべきか?(4)、・新たな飼料原料の可能性と緻密な飼料設計の追求を

年度2008
研究機関名山梨県畜産試験場
発表業績将来のために鶏用飼料はどうあるべきか?(4)、・新たな飼料原料の可能性と緻密な飼料設計の追求を
発表(発明)者所属養鶏科
発表(発明)者氏名松下浩一
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号鶏の研究,83巻12号,21-24,2008.12
業績種別発表業績
発表誌鶏の研究,83巻12号,21-24,2008.12
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020114413
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat