設置後20年を経過したカラマツ製遮音壁の性能評価(3)形状の変化と曲げ強度性能

設置後20年を経過したカラマツ製遮音壁の性能評価(3)形状の変化と曲げ強度性能

年度2008
研究機関名長野県林業総合センター
発表業績設置後20年を経過したカラマツ製遮音壁の性能評価(3)形状の変化と曲げ強度性能
発表(発明)者所属長野県林業総合センター 木材部
発表(発明)者氏名柴田直明・吉野安里・橋爪丈夫・戸田堅一郎
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号第59回 日本木材学会大会 研究発表要旨集. P.156 (CD-ROM:PN016), H21.3
業績種別発表業績
発表誌第59回 日本木材学会大会 研究発表要旨集. P.156 (CD-ROM:PN016), H21.3
課題(1)木製道路施設の耐久設計・維持管理指針策定のための技術開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020114693
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat