ナラ枯れ被害跡地におけるシカ柵の有無が更新に与える影響

ナラ枯れ被害跡地におけるシカ柵の有無が更新に与える影響

年度2008
研究機関名岐阜県森林研究所
発表業績ナラ枯れ被害跡地におけるシカ柵の有無が更新に与える影響
発表(発明)者所属岐阜県森林研究所
発表(発明)者氏名大洞智宏、横井秀一、大橋章博
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号第120回日本森林学会大会
業績種別発表業績
発表誌第120回日本森林学会大会
課題(1)機能が低下した広葉樹林の修復技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020114948
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat