ダミノジッドおよびエセフォン処理が小ギクの開花斉一性に及ぼす影響

ダミノジッドおよびエセフォン処理が小ギクの開花斉一性に及ぼす影響

年度2008
研究機関名奈良県農業総合センター
発表業績ダミノジッドおよびエセフォン処理が小ギクの開花斉一性に及ぼす影響
発表(発明)者所属生産技術担当、花き栽培チーム
発表(発明)者氏名仲 照史・角川由加・、上田真由美・、前田茂一
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号園芸学会H21春季大会8(別1):425,2009.3
業績種別発表業績
発表誌園芸学会H21春季大会8(別1):425,2009.3
課題(1)花きの省力・多収栽培を可能にする計画的生産システムの開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020116053
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat