スギ雄花生産量と誘殺数を変数とした重回帰式による翌年のチャバネアオカメムシ越冬後成虫の発生予測

スギ雄花生産量と誘殺数を変数とした重回帰式による翌年のチャバネアオカメムシ越冬後成虫の発生予測

年度2009
研究機関名千葉県農林総合研究センター
発表業績スギ雄花生産量と誘殺数を変数とした重回帰式による翌年のチャバネアオカメムシ越冬後成虫の発生予測
発表(発明)者所属暖地園芸研究所、環境研究室
発表(発明)者氏名大谷徹・河名利幸・三平東作
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号日本応用動物昆虫学会第54回大会講演要旨集.未定.(2010)
業績種別発表業績
発表誌日本応用動物昆虫学会第54回大会講演要旨集.未定.(2010)
課題(1)I 農林水産業の生産力向上 1 生産力を高めるための栽培・飼育・繁殖・養殖等、千葉県独自の生産技術体系の開発 (10) 高品質生産をめざした病害虫管理技術の確立 2 難防除病害虫の発生生態の解明と防除技術の開発、 (3)ビワを加害するカメムシ類の発生生態と防除
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020120559
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat