アカスジカスミカメによる加害時期別の斑点米被害の特徴

アカスジカスミカメによる加害時期別の斑点米被害の特徴

年度2009
研究機関名千葉県農林総合研究センター
発表業績アカスジカスミカメによる加害時期別の斑点米被害の特徴
発表(発明)者所属病理昆虫研究室
発表(発明)者氏名武田藍・清水喜一
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号関東東山病害虫研究会報.56.85-87.(2009.12)
業績種別発表業績
発表誌関東東山病害虫研究会報.56.85-87.(2009.12)
課題(1)I 農林水産業の生産力向上 1 生産力を高めるための栽培・飼育・繁殖・養殖等、千葉県独自の生産技術体系の開発 (10) 高品質生産をめざした病害虫管理技術の確立 1 新発生病害虫の発生生態の解明と防除技術の開発、 (3)アカスジカスミカメ合成性フェロモンによる密度推定並びに管理手法の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020120580
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat