リモートセンシングデータを用いた丹沢山地ブナクラス域における植生状況の時系列変化解析.

リモートセンシングデータを用いた丹沢山地ブナクラス域における植生状況の時系列変化解析.

年度2009
研究機関名神奈川県自然環境保全センター
発表業績リモートセンシングデータを用いた丹沢山地ブナクラス域における植生状況の時系列変化解析.
発表(発明)者所属研究部・酪農学園大学・国立環境研究所・サバ大学
発表(発明)者氏名笹川裕史・伊藤祥子・鈴木透・谷脇徹・プアムイハウ・ 山根正伸・清水英幸
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号第121回日本森林学会大会学術講演集,396.2009/04.
業績種別発表業績
発表誌第121回日本森林学会大会学術講演集,396.2009/04.
課題(1)ブナ林立地環境モニタリング調査
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020120796
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat