性フェロモンを利用したナシマダラメイガの発生予察用誘引剤.

性フェロモンを利用したナシマダラメイガの発生予察用誘引剤.

年度2009
研究機関名長野県南信農業試験場
発表業績性フェロモンを利用したナシマダラメイガの発生予察用誘引剤.
発表(発明)者所属栽培部
発表(発明)者氏名南島誠.
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号植物防疫63(6):353-356
業績種別発表業績
発表誌植物防疫63(6):353-356
課題(1)病害虫及び土壌肥料に関する素材開発研究、1.病害虫の発生予察と防除技術、(1)(改)ナシ・カキの減農薬防除体系の確立、(2)白紋羽病管理技術の確立、(3)施設果菜類等の発生病害に対する防除対策の検討、(4)地域特産切り花における新発生病害の解明と防除方法の検討、(5)ナシマダラメイガの発生生態の解明、、
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020121486
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat