Mitochondrial DNA variability in natural population of Naematoloma sublateritium in Japan

Mitochondrial DNA variability in natural population of Naematoloma sublateritium in Japan

年度2009
研究機関名長野県林業総合センター
発表業績Mitochondrial DNA variability in natural population of Naematoloma sublateritium in Japan
発表(発明)者所属長野県林業総合センター 特産部
発表(発明)者氏名Kazuhiko MASUNO, Eri ITO, Masaki FUKUDA, Akiyoshi YAMADA, Nami HOSOKAWA, Kenichi NISHIZAWA
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号Mushroom Science and Biotechnology, Vol.17(2),65?69,H21.4
業績種別発表業績
発表誌Mushroom Science and Biotechnology, Vol.17(2),65?69,H21.4
課題(1)森林空間の高度利用のための特用林産物生産・流通システムの開発(きのこ)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020121543
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat