一季成り性イチゴの短日夜冷処理における出蕾早晩性および遺伝子発現の品種間差異

一季成り性イチゴの短日夜冷処理における出蕾早晩性および遺伝子発現の品種間差異

年度2009
研究機関名福岡県農業総合試験場
発表業績一季成り性イチゴの短日夜冷処理における出蕾早晩性および遺伝子発現の品種間差異
発表(発明)者所属バイオテクノロジー部
発表(発明)者氏名平田千春・柴戸靖志・池上秀利・内村要介・片山貴雄・平島敬太
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号園芸学研究.第9巻別冊1,p.336,2010.3
業績種別発表業績
発表誌園芸学研究.第9巻別冊1,p.336,2010.3
課題(1)イチゴ次世代「あまおう」の育成、1)DNAマイクロアレイによる有用形質の選抜技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020124144
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat