カンキツに発生するリンゴステムグルービングウイルスの大腸菌発現タンパク質に対するモノクローナル抗体の作出と酵素結合抗体法への利用

カンキツに発生するリンゴステムグルービングウイルスの大腸菌発現タンパク質に対するモノクローナル抗体の作出と酵素結合抗体法への利用

年度2009
研究機関名福岡県農業総合試験場
発表業績カンキツに発生するリンゴステムグルービングウイルスの大腸菌発現タンパク質に対するモノクローナル抗体の作出と酵素結合抗体法への利用
発表(発明)者所属果樹苗木分場
発表(発明)者氏名草野成夫・岩波徹・楢原謙治・今村正・中平健・取井邦明・田中雅士
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号日本植物病理学会.75巻,3号,p.222,2009.8
業績種別発表業績
発表誌日本植物病理学会.75巻,3号,p.222,2009.8
課題(1)果樹ウイルス・ウイロイド検出のための診断技術の開発、2)カンキツウイルス簡易診断キットの開発およびカンキツウイロイド感染実態の解明
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020124214
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat