カンキツグリーニング病の防除法が異なる集落における罹病樹数とミカンキジラミ密度及び保毒虫率の推移

カンキツグリーニング病の防除法が異なる集落における罹病樹数とミカンキジラミ密度及び保毒虫率の推移

年度2009
研究機関名沖縄県農業研究センター
発表業績カンキツグリーニング病の防除法が異なる集落における罹病樹数とミカンキジラミ密度及び保毒虫率の推移
発表(発明)者所属病虫管理技術開発班
発表(発明)者氏名佐渡山安常、宇久田理恵、澤岻哲也、亀川藍、河野伸二
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号第54回日本応用動物昆虫学会大会,2010年3月
業績種別発表業績
発表誌第54回日本応用動物昆虫学会大会,2010年3月
課題(1)病害虫総合防除対策事業
(2)果樹生産における温暖化適応技術の開発とその評価
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020125174
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat