2009年のウズラ由来H7N6亜型高病原性鳥インフルエンザウイルスの感染経路の推定

2009年のウズラ由来H7N6亜型高病原性鳥インフルエンザウイルスの感染経路の推定

年度2010
業績番号2010103029
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2008-2010
成果名2009年のウズラ由来H7N6亜型高病原性鳥インフルエンザウイルスの感染経路の推定
担当者農業・食品産業技術総合研究機構,動物衛生研究所,人獣感染症研究チーム,内田裕子
金平克史
真瀬昌司
竹前喜洋
渡辺千晶
笛吹達史
Yoshikazu Fujimoto, 伊藤壽啓
五十嵐学
伊藤公人
高田礼人
迫田義博
岡松正敏
山本祐
中村菊保
喜田宏
関連する資料行政・普及
業績種別普及に移しうる成果
課題(1)a.新興・再興人獣共通感染症病原体の検出及び感染防除技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020125352
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat