赤かび病菌感染小麦では登熟後半にかび毒蓄積量が大幅に増加する

赤かび病菌感染小麦では登熟後半にかび毒蓄積量が大幅に増加する

年度2010
業績番号2010103072
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2003-2010
成果名赤かび病菌感染小麦では登熟後半にかび毒蓄積量が大幅に増加する
関連する資料研究・普及
業績種別普及に移しうる成果
課題(1)a.かび毒汚染低減のための麦類赤かび病防除技術及び高度抵抗性系統の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020125395
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat