トウジンビエとササゲの4列配置間作、ローテーションと栽植密度の組合せにより作物バイオマスとトウジンビエ収量は増加する

トウジンビエとササゲの4列配置間作、ローテーションと栽植密度の組合せにより作物バイオマスとトウジンビエ収量は増加する

年度2010
業績番号2010103093
研究機関名国際農林水産業研究センター
研究期間2008-2010
協力分担関係ニジェール国立農業研究所
成果名トウジンビエとササゲの4列配置間作、ローテーションと栽植密度の組合せにより作物バイオマスとトウジンビエ収量は増加する
関連する資料技術
業績種別普及に移しうる成果
課題(1)(1)熱帯土壌の適正管理技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020125416
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat