水温制御によるバフンウニの配偶子形成抑制と卵巣中の残留プルケリミンの消失とプルケリミンの蓄積抑制

水温制御によるバフンウニの配偶子形成抑制と卵巣中の残留プルケリミンの消失とプルケリミンの蓄積抑制

年度2010
業績番号2010103140
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2008-2010
成果名水温制御によるバフンウニの配偶子形成抑制と卵巣中の残留プルケリミンの消失とプルケリミンの蓄積抑制
関連する資料研究
業績種別普及に移しうる成果
課題(1)(ウ)水産物の機能特性の解明と高度利用技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020125463
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat