Active layer depth regulates biomass regime of black spruce stands in Interior Alaska.(アラスカ内陸部のトウヒ林では活動層の厚さが現存量蓄積レベルを決めている)

Active layer depth regulates biomass regime of black spruce stands in Interior Alaska.(アラスカ内陸部のトウヒ林では活動層の厚さが現存量蓄積レベルを決めている)

年度2010
業績番号2010621735
研究機関名森林総合研究所
タイトルActive layer depth regulates biomass regime of black spruce stands in Interior Alaska.(アラスカ内陸部のトウヒ林では活動層の厚さが現存量蓄積レベルを決めている)
担当者森林総合研究所,立地環境研究領域,土壌資源研究室,松浦陽次郎
講演要旨集タイトルAbstracts of Second International Symposium on the Arctic Research - Arctic System in a Changing Earth、G5-P22、93
発刊年月2010.12
講演要旨集の有無
業績種別学会講演
課題(1)a 森林への温暖化影響予測及び二酸化炭素吸収源の評価・活用技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020126125
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat