カシノナガキクイムシの個体群構造から推察されるナラ枯れ被害拡大様式.

カシノナガキクイムシの個体群構造から推察されるナラ枯れ被害拡大様式.

年度2010
業績番号2010621919
研究機関名森林総合研究所
タイトルカシノナガキクイムシの個体群構造から推察されるナラ枯れ被害拡大様式.
担当者森林総合研究所,森林昆虫研究領域,昆虫生態研究室,加賀谷悦子
講演要旨集タイトル第121回日本森林学会大会学術講演集 CD-ROM
発刊年月2010.4
講演要旨集の有無
業績種別学会講演
課題(1)a 生物多様性保全技術及び野生生物等による被害対策技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020126309
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat