Change of standing biomass and dead mass of some mangroves over 6 years in Ranong, southern Thailand -before and after Tsunami- (タイ南部ラノン県におけるマングローブの地上部現存量および枯死量の6年間の変動)

Change of standing biomass and dead mass of some mangroves over 6 years in Ranong, southern Thailand -before and after Tsunami- (タイ南部ラノン県におけるマングローブの地上部現存量および枯死量の6年間の変動)

年度2010
業績番号2010622483
研究機関名森林総合研究所
タイトルChange of standing biomass and dead mass of some mangroves over 6 years in Ranong, southern Thailand -before and after Tsunami- (タイ南部ラノン県におけるマングローブの地上部現存量および枯死量の6年間の変動)
担当者森林総合研究所,国際連携推進拠点,国際森林情報推進室,米田令仁
講演要旨集タイトルInternational Workshop: Forest Dynamics and Carbon Monitoring in Forest Ecosystems in East Asia. -Finding from Forest Dynamics Network- Abstract、13
発刊年月2010.10
講演要旨集の有無
業績種別学会講演
課題(1)a 森林への温暖化影響予測及び二酸化炭素吸収源の評価・活用技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020126873
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat