Use of two population metrics clarifies biodiversity dynamics in large-scale monitoring: the case of trees in Japanese old-growth forests. The need for multiple population metrics in large-scale monitoring.(大スケールでの生物多様性の変化を2つの測定項目で明らかにする-日本の成熟した天然林を例に-)

Use of two population metrics clarifies biodiversity dynamics in large-scale monitoring: the case of trees in Japanese old-growth forests. The need for multiple population metrics in large-scale monitoring.(大スケールでの生物多様性の変化を2つの測定項目で明らかにする-日本の成熟した天然林を例に-)

年度2010
業績番号2010243201
研究機関名森林総合研究所
タイトルUse of two population metrics clarifies biodiversity dynamics in large-scale monitoring: the case of trees in Japanese old-growth forests. The need for multiple population metrics in large-scale monitoring.(大スケールでの生物多様性の変化を2つの測定項目で明らかにする-日本の成熟した天然林を例に-)
著者Mifuyu Ogawa
森林総合研究所,阿部真
業績種別発表論文
発表誌Environmental Monitoring and Assessment,173,0167-6369,Online First,2010.9
課題(1)a 生物多様性保全技術及び野生生物等による被害対策技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020132884
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat