Climate and topography drives macroscale biodiversity through land-use change in a human-dominated world(気候変動および地形が土地改変を通じて生物多様性の変化を促す)

Climate and topography drives macroscale biodiversity through land-use change in a human-dominated world(気候変動および地形が土地改変を通じて生物多様性の変化を促す)

年度2010
業績番号2010243271
研究機関名森林総合研究所
タイトルClimate and topography drives macroscale biodiversity through land-use change in a human-dominated world(気候変動および地形が土地改変を通じて生物多様性の変化を促す)
著者北海道大,山浦悠一
森林総合研究所,岡部貴美子
業績種別発表論文
発表誌OIKOS, Online first,October,2010.10
課題(1)a 生物多様性保全技術及び野生生物等による被害対策技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020132954
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat