Quantitative estimation of carbon removal effects due to wood utilization up to 2050 in Japan: effects from carbon storage and substitution of fossil fuels by harvested wood products(わが国における2050年までの木材利用による炭素削減効果の定量的評価:伐採木材製品による炭素貯蔵効果,代替効果)

Quantitative estimation of carbon removal effects due to wood utilization up to 2050 in Japan: effects from carbon storage and substitution of fossil fuels by harvested wood products(わが国における2050年までの木材利用による炭素削減効果の定量的評価:伐採木材製品による炭素貯蔵効果,代替効果)

年度2010
業績番号2010243416
研究機関名森林総合研究所
タイトルQuantitative estimation of carbon removal effects due to wood utilization up to 2050 in Japan: effects from carbon storage and substitution of fossil fuels by harvested wood products(わが国における2050年までの木材利用による炭素削減効果の定量的評価:伐採木材製品による炭素貯蔵効果,代替効果)
著者森林総合研究所,構造利用研究領域,木質構造居住環境研究室,恒次祐子
業績種別発表論文
発表誌Journal of Wood Science,56(4),1435-0211,339-344,2010.8
課題(1)b 木質バイオマスの変換・利用技術及び地域利用システムの開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020133099
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat