First Isolation of Vibrio tapetis, the Etiological Agent of Brown Ring Disease (BRD), in Manila Clam Ruditapes philippinarum in Japan

First Isolation of Vibrio tapetis, the Etiological Agent of Brown Ring Disease (BRD), in Manila Clam Ruditapes philippinarum in Japan

年度2010
業績番号2010243727
研究機関名水産総合研究センター
タイトルFirst Isolation of Vibrio tapetis, the Etiological Agent of Brown Ring Disease (BRD), in Manila Clam Ruditapes philippinarum in Japan
著者独立行政法人水産総合研究センター,養殖研究所,病害防除部,健康管理研究グループ,松山知正
独立行政法人水産総合研究センター,養殖研究所,病害防除部,病原体制御研究グループ,坂井貴光
独立行政法人水産総合研究センター,養殖研究所,魚病診断・研修センター,魚病診断研究グループ,桐生郁也
独立行政法人水産総合研究センター,養殖研究所,魚病診断・研修センター,魚病診断研究グループ,湯浅啓
兵庫県立農林水産技術総合センター,水産技術センター,安信秀樹
兵庫県立農林水産技術総合センター,水産技術センター,川村義弘
独立行政法人水産総合研究センター,中央水産研究所,水産遺伝子解析センター,佐野元彦
業績種別発表論文
発表誌Fish pathology,45(2),77-79,2010.6
課題(1)(エ)病害防除技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020133410
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat