Contributing REDD-plus through research and development of forest carbon monitoring methodologies -Endeavors of REDD R&D Center-(森林炭素モニタリング手法の研究・開発を通した、REDDプラスへの貢献)

Contributing REDD-plus through research and development of forest carbon monitoring methodologies -Endeavors of REDD R&D Center-(森林炭素モニタリング手法の研究・開発を通した、REDDプラスへの貢献)

年度2011
業績番号2011624012
研究機関名森林総合研究所
タイトルContributing REDD-plus through research and development of forest carbon monitoring methodologies -Endeavors of REDD R&D Center-(森林炭素モニタリング手法の研究・開発を通した、REDDプラスへの貢献)
担当者森林総合研究所,植物生態研究領域,Kiyono Yoshiyuki(清野嘉之)
講演要旨集タイトル森林総研REDDプラス第2回公開セミナー:グローバルなREDDプラスの枠組構築に向けて−プロジェクト活動からのスケールアップ、多様なプレーヤーの有機的連携−講演要旨
発刊年月2012.2
業績種別学会講演
課題(1)E 森林への温暖化影響評価の高度化と適応及び緩和技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020139766
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat